ニュース
» 2013年04月18日 17時44分 UPDATE

タグマネジメント:サイジニア、サーバーダイレクト型で「Yahoo! タグマネージャー」国内第1号の認定ベンダーに

オーディエンスターゲティング広告サービスを提供するサイジニアは4月18日、ヤフーが運営する「Yahoo! タグマネージャー」の認定ベンダーとなったと発表した。サーバーダイレクト型での連携としては、国内第1号の認定ベンダーとなる。

[ITmedia マーケティング]

 同社によると、「Yahoo! タグマネージャー」を介して、サイジニアが提供する「デクワス.AD」や「デクワス.VIDEO」などの先端広告ソリューションが簡単に利用できるようになるという。結果的に広告主やユーザーは、導入工数の削減、広告の最適化、動作の高速化などによるメリットを得ることができるとする。

Yahoo! タグマネージャーとは

 さまざまなタグを一元管理できるタグマネジメントサービスのこと。共通タグをWebページへ埋め込むだけで複数のタグ管理を行うことが可能となり、タグの導入/運用負荷の削減、ページ表示時間の高速化が実現できる。

 サイジニアは、独自に開発したディスカバリーエンジン「デクワス」と第三者配信広告プラットフォームを有し、ユーザー行動履歴の解析をもとに、最適な広告を配信するサービスを提供している。今回の「Yahoo! タグマネージャー」との連携により、以下のような付加価値を提供する。

1. 導入作業にかかる工数を軽減

 ユーザーごとに広告内容を最適化するパーソナライズ広告は、導入作業に時間がかかるという問題があった。一方、「Yahoo! タグマネージャー」を利用する広告主は、サイジニアのパーソナライズ広告「デクワス.AD」に必要な情報を管理画面から簡単に設定できるようになる。その結果、導入からサービス開始までにかかる工数が大幅に減少する。

2. サイトの動作が高速化

 サーバーダイレクト型のタグ連携により、サイトの動作が高速化する。また、サイト内で直接サイジニアのJavaScriptが動作しないため、サイジニアのタグと他社タグとの干渉もなく、タグを追加することによる悪影響を心配する必要がなくなる。

3. さまざまなターゲティング制御

 例えば、ユーザーがページをどこまでスクロールしたかや、画像にマウスを重ねたかどうかなどの行動を元に最適な広告をターゲティングして配信することなども可能。その他、A/Bテストを実施することができ、同社のレコメンデーションサービス「デクワス」の効果を比較検証できるようになるなどの効果もある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading