ニュース
» 2013年02月22日 13時00分 UPDATE

「スマーター・コマース」をクラウドで:IBMのマーケティング向けソフトを利用できるクラウドサービス販売開始、NI+C

日本情報通信(NI+C)は2月22日、キャンペーン管理など4つの機能を持ったマーケティングサービス「Interactive Marketing On Demand」を販売開始すると発表した。IBMのマーケティング向けソフトウェアがクラウドで利用できる。

[ITmedia マーケティング]
ibm.jpg

 Interactive Marketing On Demandは、販売促進の計画から実行、測定などキャンペーン管理を主軸とするマーケティング向けのクラウドサービス。多言語/多通貨に対応する「ECサイトの構築」や、サプライチェーンを管理する「オーダー管理」、複数企業間での「データ連携」が可能など、多機能である点が特徴だ。NI+Cは「4つのサービスを組み合わせて活用すると、マーケティング、販売、調達といったプロセスを統合でき、グローバルに統一された環境を構築できる」とアピールする。

 同社はIBMとライセンス契約を結んでおり、IBMの「スマーター・コマース」向けのソフトウェアをクラウドサービスとして提供する。具体的には、キャンペーン管理は「IBM Campaign(旧称Unica Campaign)」、ECは「WebSphere Commerce」、オーダー管理は「Sterling Order Management」、データ連携では「Sterling B2B Integrator/Sterling Connect Direct」である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading