ニュース
» 2013年02月19日 18時04分 UPDATE

Facebook人口は頭打ち?:Facebook人口推移、日本を含む13カ国で減少、アウンコンサルティング調査

アウンコンサルティングは2月19日、世界40カ国を対象にFacebook人口の推移に関する調査結果を発表した。

[ITmedia マーケティング]

 アウンコンサルティングはFacebook人口の推移及び、人口に対する割合を把握するため、世界40カ国を対象に2013年1月時点での数値を調査した。

fb.jpg 世界40カ国のFacebook人口推移

 2012年9月の数値と比較して、2013年1月時点でFacebook人口が大きく増加している国はベトナム(+42.12%)、ブラジル(+14.09%)、ロシア(+13.10%)、エジプト(+10.49%)などだった。一方、Facebook人口が大きく減少した国はイギリス(−23.53%)、韓国(−12.02%)、日本(−10.97%)などだった。Facebook人口はアメリカでも2.11%微減するなど、40カ国中13カ国において前回比でマイナスとなった。アウンコンサルティングは「いわゆる『Facebook疲れ』やFacebook内の広告がわずらわしいなどの理由により、Facebook人口が頭打ちになっているのではないか」とコメントしている。

■調査概要

GDP上位40カ国、OECD加盟主要国を中心に抽出

調査方法:Facebookが各国に配信できるFacebook広告のリーチ数をもとに集計

調査データ:2013年1月


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by