ニュース
» 2013年02月05日 21時32分 UPDATE

EC/通販 市場調査:「スマートフォン」「ソーシャルメディア」「O2O」がEC運営者の関心事項、ワークスアプリケーションズ調査

ワークスアプリケーションズは2月5日、EC/通販運営企業担当者のECサイトリニューアルに関する意識調査の結果を発表した。

[ITmedia マーケティング]
works1.jpg

 ワークスアプリケーションズは2012年12月、大手企業ECサイトや通販運営者81人に対してECに関する意識調査を行った。「最も興味のある/情報収集中のトピック」という設問には、「ECサイトにおけるスマートフォン/タブレット対応」(回答数40)に最も回答が集まった。多くのECはスマートフォンへの対応が不十分であると考えていることがうかがえる。次点は「ソーシャルメディア(SNS)を活用したプロモーション」(回答数33)だった。いわゆる「ソーシャルコマース」は、まだECの世界に登場したばかりで実例が少ない。ワークスアプリケーションズでは「ソーシャルコマース構築に関して情報収集をするケースが増えてきている」とコメントしている。

 他の回答結果では「O2O連携」(回答数29)、「顧客データの分析」(回答数27)、「リピート率の向上」(回答数25)、「他社との差別化」(回答数19)などが続いた。ECのプロモーション関連の項目では、「SEO対策」(回答数25)に関心を持つ企業が多く、「リスティング広告」(回答数11)、「アフィリエイト広告」(回答数13)、「バナー広告」(回答数7)などの広告には、関心を持つ企業が少なかった。

 「ECシステムの課題」に関する設問では、「システム構築コストの増大」(回答数12)、「システムの陳腐化」(回答数11)、「システムのブラックボックス化」(回答数8)、「ECサイトのセキュリティの脆弱性」(回答数8)、「システム規模があわない」(回答数4)という回答数だった。

 「EC事業に着手した理由」という設問で最も多かった回答は、「ECサイトの売上拡大」(回答数38)、「ECサイトによる顧客ニーズの開拓」(回答数20)、「本業に対する補完としてのECサイト」(回答数18)、「ECサイトによるマーケティング」(回答数15)という結果だった。ECサイト内の調査やECサイト内で獲得できた会員プロファイルを使った取り組みなどマーケティング施策を内製化している傾向がうかがえる。そのほか、「ECサイトを通じた顧客満足度向上」(回答数12)、「ECサイトによるカスタマーサポート機能」(回答数4)などの回答が続いた。

works2.jpg  ECサイト運営を開始してからの年数(左)ECサイトリニューアルからの年数(右)

 「ECサイト運営を開始してからの年数」という設問に対しては、「サイト運営 5年未満」(63.4%)、「ECサイト運営 5年〜10年」(29.3%)、「ECサイト運営 10年以上」(7.3%)という結果だった。また、「ECサイトリニューアルからの年数」という設問では、「1年未満」(48.8%)、「1年〜3年」(26.8%)、「3年〜5年」(19.5%)、「5年以上」(4.9%)と続き、ECサイトのリニューアルを行っていない企業はわずかだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by