ニュース
» 2013年01月31日 08時08分 UPDATE

米消費材業界の事例に見る最新マーケティング事情:顧客を深く理解する――彼らはどういう経緯でその商品にお金を払ったのか

米消費材メーカーでは、「マスマーケティング」から「顧客ごとにパーソナライズしたマーケティング」にそのアプローチをシフトし始めている。テクノロジーの発展に伴い、膨大なデータを基にしたデータ分析が可能になったことで、顧客特性に合わせた有益なサービスを生み出し、それが結果的に効果的なマーケティング活動につながっているのだ。消費材業界のマーケティングに長年携わる米オラクルのキャレイ・ウォン氏が米国のマーケティング事情を語る。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

顧客の利益を最大化するパーソナライズドマーケティング

 いま米国の消費材メーカーでは、より詳細にパーソナライズされたマーケティング活動が盛んになっている。例えば、チーズやスナック菓子を提供する大手食品メーカーでは、顧客のプロファイルに沿って同社製品を使ったレシピをメールで送付、子供がいる家庭向けには食育を考えたレシピ、共働きの家庭には手軽で素早くできるメニューのレシピと、それぞれの顧客の生活習慣や環境を踏まえ、役立ててもらえるような情報を送る。顧客の家族の中に食品アレルギーを持つ者がいる場合、当然、その食材を含むメニューのレシピは送らない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading