生成AIでサイト内検索を改善 Kaizen Platformが「KAIZEN AI-UX」を提供検索機能の改善で顧客体験を向上

Kaizen Platformは、生成AIを活用してUXを改善するための新サービス「KAIZEN AI-UX」を提供する。サービスの第一弾は、サイト内検索を改善する新機能だ。

» 2024年03月22日 10時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 Kaizen Platformは2024年3月14日、生成AIを活用してUXを改善するための新たなサービスメニュー「KAIZEN AI-UX」の提供を開始すると発表した。第一弾として、生成IAを活用してサイト内検索を改善する新機能を提供する。同機能の実装に向けた要件定義や機能開発は同社が実施するため、ユーザー企業はWebサイトにタグを追加するだけで機能を実装できる。

サイト内検索の改善で顧客体験を向上

 Webサイト内の検索機能には、参照する情報量が膨大になると検索結果に表示される情報も膨大になってしまい、検索したユーザーにとって必要な情報が見つからない、古い情報が出てきてしまうといった課題がある。結果として顧客体験を損ない、Webサイトからの離脱による売り上げ機会の損失やコールセンターの業務負荷増加といった事態を招く可能性がある。こうした課題を解決するためKaizen Platformは、KAIZEN AI-UXの第一弾としてサイト内検索を改善するメニューの提供を開始する。

サイト内検索の改善イメージ(出典:Kaizen Platform)

 新機能を利用することで、「検索結果がゼロであってもユーザーが求める情報を的確に返す」「似たような検索結果が並び欲しい情報が見つかりづらい時にも絞り込むための質問を返すことで的確な情報を案内する」「古い情報が検索結果として表示されてしまう場合でも最新情報を的確に返す」といったことが可能になる。

 Kaizen Platformは、生成AIへのノウハウがなかったり開発リソースがなかったりといった課題を抱える企業を対象に、Webサイトや課題を把握した上で、コンサルティングから実行までの生成AI活用を支援する。これにより、各ユーザー企業に適したUI/UXの実現と事業成長をサポートする考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション