「メディアミックス」の経済波及効果は国内だけで6兆5000億円――PwCコンサルティング調査今日のリサーチ

PwCコンサルティングは、マクロ視点とミクロ視点の両方でメディアミックスによる経済波及効果を算定しました。

» 2024年03月09日 07時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 PwCコンサルティングは新しい組織「エンタテイメント&メディア・インダストリー・イニシアチブ」発足に先立ち、同組織メンバーが執筆した調査レポート「メディアミックスのパワーと可能性」を公開しました。同レポートは、日本のコンテンツ産業が強みとする「メディアミックス」の経済波及効果を明らかにしています。

 メディアミックスは原作(IP)からテレビ、映画、ゲーム、漫画などの関連商品を多角的かつ同時多発的に展開し、相乗効果をもたらす手法で、日本のエンタテイメント&メディア業界はメディアミックスを効果的に実施しています。PwCコンサルティングはメディアミックスまで織り込んだコンテンツ価値の算定と投資回収の道筋が日本のコンテンツ産業への投資につながると考え、メディアミックスによる経済波及効果を可視化しました。

誘発効果倍率で北京五輪を上回る

 マクロ視点では、日本独特のメディアミックスの経済波及効果は6兆5000億円に達することが分かりました。漫画やテレビアニメ、ゲームソフトといったメディア産業主要4分野の国内市場規模である約3兆3000億円と比べると誘発効果倍率は1.94倍で、2008年の北京五輪で記録した1.71倍を上回っています。

メディア産業主要4分野の国内市場規模と波及効果(出典:PwCコンサルティング「メディアミックスのパワーと可能性」)

 一方、ミクロ視点では、メディアミックス方式による一つの原作の経済波及効果を測定したところ、総合計が最大の「ドラゴンボール」は7.95倍、一時期は社会的なブームを巻き起こした「鬼滅の刃」は5.12倍でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.