ピザハットがバレンタインデー前のお別れラッシュを利用して斬新過ぎるキャンペーンを実施Marketing Dive

「愛の日」として知られるバレンタインデーを控えたこの時期は、実は別れの季節でもある。そこに目を付けた有名ピザチェーン店のユニークなキャンペーンとはどのようなものか。

» 2024年02月09日 09時00分 公開
[Aaron BaarMarketing Dive]
Marketing Dive

 Yum Brands傘下の宅配ピザチェーン店Pizza Hutは、2月14日のバレンタインデーに先立って、新商品「ホットハニーピザ」を宣伝するためのユニークなプロモーションを開始した。

バレンタインデーシーズンは別れの季節でもある

ピザハットはバレンタインデーに先立ち、新しい「さよならパイ」キャンペーンを発表した。(出典:Pizza Hutのプレスリリース)

 バレンタインデーはロマンスに熱狂する日だと思われがちだが、実際には失恋の日でもある。プレスリリース(外部リンク/英語)に引用されているYouGov.comの調査データによると、45%の人がバレンタインデーの前に交際を解消した方がいいという意見に同意している。実際、Pizza Hutのキャンペーンが開始されたバレンタインデーの前の火曜日は、一年で最も別れが多い日として「赤い火曜日」(外部リンク/英語)と呼ばれている。

 消費者が気まずい別れの会話をスキップできるように、Pizza Hutは期間限定のホットハニー「Goodbye Pies(さよならパイ)」を展開している。GoodbyePies.comにアクセスした消費者は2月14日まで、「失恋で悪名高い」ニューヨーク市、シカゴ、マイアミの3都市の一部店舗でピザを無料で送れるチャンスに応募できる。

 個人的な贈り物であるように見せるため、Goodbye Piesはシンプルなメッセージ入りの特殊パッケージで届けられ、パッケージの上部にはもうすぐ元恋人になる人の名前を追加できるスペースがある。上記3都市以外の消費者が同じマイクロサイトにアクセスすると、無料のホットハニーピザと引き換えられるギフトカードへのリンクと一緒に、将来の元恋人に送信できる別れのメッセージを書くようリクエストできる。

 この最新の取り組みは、2024年2月に全米で展開されている「Pizza wHut!?」キャンペーンの一環で、2023年末に広告代理店Mischief @ No Fixed Addressを指名代理店としてから初の成果物となる。

 Goodbye Pies プロモーションは、Pizza Hutが消費者とのより強いつながりを築こうとする数々のモバイル施策の一つに加わる。2023年12月には、ホリデーシーズンに活躍する配達ドライバーに無料でピザを提供するための「リバースデリバリー」ドアマットを配布した(関連記事:「ピザハットのハートウォーミングなQRコード施策 配達員への感謝の気持ちを玄関マットでどう表す?」)。この他、同年6月には映画『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』公開前のキャンペーンの一環として、ニューヨークで「地下配達」をテストした。この取り組みでは、専用携帯電話番号にカメの絵文字をテキストメッセージで送信した消費者が、地下鉄駅構内のピザドロップゾーンでピザの配達を注文できるようにした。

© Industry Dive. All rights reserved.