2023年にXで話題になったアーティスト、King & PrinceやSnow Manを上回って言及数1位になったのは?今日のリサーチ

ホットリンクがX(旧Twitter)上の口コミ量を分析する年末恒例の調査で、今回が4回目になります。

» 2024年01月10日 18時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 ソーシャルビッグデータ分析とSNSマーケティング支援サービスを提供するホットリンクは、X(旧Twitter)のデータを分析し、2023年にX上で話題になったアーティストを調査しました。

言及数とUGC数、それぞれのトップ20は?

2023年にX(旧Twitter)で話題になったアーティストの調査結果(出典:ホットリンク)

 主要音楽セールスランキングからピックアップしたアーティスト100組を対象に、アーティスト名を含む投稿数を分析した結果、言及数(X上の返信やリポストを含む、そのキーワードが含まれた投稿の全体数)が最も多かったのは、男性ボーイズグループのJO1の約5090万件でした。以下、King & Princeの約3388万件、Snow Manの約2647万件が続きました。

 UGC数(一般ユーザーによって作られたコンテンツのうち返信やリポストを含まない純粋な投稿数)トップ3は、Snow Man(約513万件)、King & Prince(約512万件)、SixTONES(約352万件)の順で、男性アイドルグループが上位を占めました。女性アーティストでは、言及数・UGC数ともに乃木坂46がトップとなりました。

 調査を担当したホットリンクのアナリスト辻元気氏のコメントは以下の3点です。

2023年もアイドルグループが大活躍

 音楽活動だけでなく、さまざまなメディアへの露出やプロモーション活動が話題となるため、コンテンツの量が多く言及数・UGC数の増加に繋がっている。また、最近ではTVだけでなくネット番組やYouTube・TikTokを始めとするSNSなど、コンテンツを披露する場が多いことも、アイドルグループにとっては追い風。

公式アカウントの上手な活用と、それを支えるファン文化

 言及数やUGC数の多いグループは、特にSNSにおける公式アカウントの活用が上手いと感じる。最新情報の発信など事務的な情報展開だけではなく、オフショットやファンへのメッセージなど、ファンを楽しませるためのコミュニケーションを積極的に行なっている。 特定の人しか見られないファンクラブのみでの情報公開だけでなく、不特定多数の人がアクセスできるSNS上でもコンテンツを公開することで、それに共感したファンが情報を拡散する流れが構築されている。

特にKPOP関連のグループや個人名が急上昇している

 グローバルで活躍するKPOPグループが、日本のエンタメ界に続々と進出。エンタメだけでなく、ファションや食品業界でも韓国文化の影響が大きくなっており、今後も広がりが予想される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.