まとめ
» 2023年06月18日 12時00分 公開

「クリエイターエコノミー」との向き合い方プレイバック注目コンテンツ

クリエイターおよびその先にいる生活者とのつながり方はマーケターにとっても重要なテーマと言えます。詳しくは関連記事から。

[ITmedia マーケティング]

 個人の創造性を収益につなげる人々が増加しています。Adobeが実施した「Future of Creativity」調査(2022年5月)によると、2020年以降に1億6500万人以上が「クリエイターエコノミー」に参入。全世界では3億300万人のクリエイターが活躍していることが分かっています。

 画像や動画の編集・加工ツールやエフェクトなど、スマホ一つで使えるクリエイティブ支援ツールも充実しています。今後は生成AIによって、言葉でリクエストを出すだけで欲しいコンテンツを自在に生み出せる未来も見えてきました。

 クリエイターおよびその先にいる生活者とのつながり方はマーケターにとっても重要なテーマと言えます。クリエイターエコノミーについてあらためて考えてみませんか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション