特集
» 2022年06月24日 12時00分 公開

AmazonでもD2CでもないEコマース第3の選択肢「オンラインマーケットプレイス」とは?フランス発ユニコーンのMiraklが日本に進出

フランス発のユニコーン企業Miraklが日本での事業展開をスタートした。既存のマーケットプレイスとの違いは何か、日本法人の社長に聞いた。

[三ツ井香菜,ITmedia]

 2022年5月25日、オンラインマーケットプレイスプラットフォームの提供を行うフランス発の企業Mirakl(ミラクル)が、ジャパン・クラウド・コンピューティングと合弁で日本法人を設立し、日本での事業を本格的に開始した。

 Miraklが提供するオンラインマーケットプレイスは、J.CrewやMacy's、Best Buy Canadaをはじめ、すでに世界で350社もの企業が利用。2021年は80社の企業が新規導入し、着実に市場シェアを伸ばしている。2021年のマーケットプレイスにおける取引額は約43億ドル、企業価値は約35億ドルとなっている。いわゆる「ユニコーン企業」(10億ドル以上の企業価値を有する企業)の一つだ。

 Mirakl日本法人の代表取締役社長には日本マイクロソフトおよびSAPジャパンにおいてEコマースの事業責任者などを務めてきた佐藤恭平氏が就任。佐藤氏に、Amazon.com(以下、Amazon)や楽天市場などとのの違いや日本展開の狙いを聞いた。

オンラインマーケットプレイスとは何か?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.