調査リポート
» 2022年06月17日 12時00分 公開

「パーパス経営」に対する経営者と社員のギャップ――インターブランドジャパンと日本経済新聞社共同調査今日のリサーチ

パーパス経営に対する意識を経営層やビジネスパーソンなどに聞いています。

[ITmedia マーケティング]

 現在、多くの企業が自社のパーパス(存在意義)を広く社会に発信し、その実現を目指す「パーパス経営」に取り組んでいます。こうした状況の中、ブランディング会社のインターブランドジャパンと日本経済新聞社が共同で、「NIKKEI-Interbrandパーパス経営調査」を実施しました。日本の経営層やビジネスパーソン(社員)、投資家、アナリストを対象に、パーパス経営に対する意識を聞いた同調査によると、経営者とビジネスパーソン(社員)との間にはパーパス経営について極めて大きな認識のギャップがあることが明らかになりました。

パーパス経営の実践に必要なのは「ワクワク」感

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.