連載
» 2021年07月27日 08時00分 公開

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在

サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効果的に表示して訪問者の離脱を防ぎ、CVRアップを実現します。今月はデータをフィルタリングし、有償版のサイト内検索ツールをランキング化しました。

[中島玉美,Tecgence]

この連載について

 Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介します。


 ネットショッピングをはじめとするWebサイトにおいて、サイト内に設置した検索窓から訪問者へ表示されるコンテンツやページは重要な導線です。無料の大手検索エンジンを実装することが多いようですが、検索結果に他社の広告が表示されることもあるので、結果として、訪問者の離脱を招く可能性も排除できません。

 しかし、有償版のサイトサーチ製品を導入すれば、的確に自社コンテンツやページを表出させられます。また、検索ワードを解析・最適化し、訪問者の離脱防止やコンバージョン率(CVR)を向上させ、さらには、サポートデスクの負担も軽減できます。

 今週は、サイトサーチ製品の売れ筋TOP10を紹介します。

サイトサーチツール(有償版)顧客ドメイン数TOP10<2021年7月21日>(出典:Tecgence)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.