調査リポート
» 2021年05月27日 14時00分 公開

AndroidにおけるカジュアルゲームアプリのCPIが急騰 iOSのIDFA利用制限の影響か――Liftoff Mobile調査今日のリサーチ

成長著しいカジュアルゲームの傾向をまとめたレポートです。

[ITmedia マーケティング]

 アプリマーケティングプラットフォームを提供するLiftoff Mobileは「カジュアルゲームアプリレポート」を発表しました。

 同レポートはLiftoffにおける2020年3月1日から2021年2月28日までのデータに基づいたもので、416の対象アプリにおける3400億件のインプレッション、57億件のクリック、2億4600万回のインストール、2億3100万件の初回イベントなどが含まれています。さらに、コスト、コンバージョン、ROAS(広告費用対効果)を追跡し、データをプラットフォーム別(iOSとAndroid)、国・地域別などに分類しています。

成長するカジュアルゲーム市場とその課題

 コロナ禍で可処分時間が増える中、モバイルゲームは利用時間と支出の両方で大きく成長しています。中でも多くのヒットを生んでいるジャンルがカジュアルゲーム(ライフスタイル、パズル、シミュレーションジャンル)です。

 しかし、成長を持続させるためには課題もあります。その一つが、AppleがiOS 14.5で導入したATT(App Tracking Transparency:アプリトラッキング透明性)への対応です。ATTにより、アプリパブリッシャーはユーザーのiOSデバイス端末(iPhoneなど)に関連付けられたIDFA(Identifier for Advertisers:広告識別子)を利用するに当たり、アプリごとにユーザーの許可を取得しなければなりません。ATTはAppleがユーザーのプライバシー保護の観点から導入した機能ですが、デジタル広告の観点からすると、iOS向けのターゲット設定と効果測定が難しくなることを意味します。

 その影響か、レポートではATT導入を前に広告予算がAndroidにシフトしている兆しが見られます。具体的には、AndroidにおけるCPI(インストール単価)が2020年3月の0.92ドルから2021年2月には2.02ドルとなり、1年間で120%も増加しました。なお、iOSのCPIは、3.28ドルから4.82ドルへ47%増となっています。iOSの方が依然として高コストではありますが、Androidではより急激な増加率となっています。

カジュアルゲームのプラットフォーム別CPIの推移(出典:Liftoff Mobile、以下同)

カジュアルゲームのジャンル別CPI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.