ニュース
» 2021年04月23日 18時00分 公開

YouTube動画の内容に連動した広告配信 コンテクスチュアルターゲティングの「ZEFR」が日本上陸三井物産と資本業務提携

動画の内容を解析してコンテンツに沿った広告を表示するコンテクスチュアルターゲティング「ZEFR」が日本でサービス提供開始。

[ITmedia マーケティング]

 ロサンゼルスに本社を置きYouTube動画広告向けのソリューション「ZEFR」を提供するZefr(ゼファー)は三井物産との資本業務提携を通じ、日本市場に参入すると発表した。販売は三井物産子会社でデータマーケティング事業を展開するLegolissが手掛ける。

コンテクスチュアルターゲティングとは何か

 ZEFRは人力のレビューおよびAIを活用した独自の動画解析技術を活用して広告主のニーズにマッチしたコンテンツにコンテンツを配信先可能にするコンテクスチュアルターゲティングソリューション。例えば自動車の広告は試乗レポート動画に、化粧品の広告はメーク関連動画に出稿することが可能になる。逆に、ターゲットが視聴することのなさそうなコンテンツに広告を配信しないようコントロールすることもできる。

 ZEFRはYouTube Measurement PartnerおよびFacebook Marketing Partnerに認定されており、両プラットフォーム上の動画に関する大規模なデータにアクセス可能。それにより広告配信にふさわしいしいコンテンツのみを抽出し、独自のプレミアム在庫を構築できる(Facebookに関しては現時点で日本では未対応)。

広告効果を高めブランドセーフティーやCookie規制にも対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.