調査リポート
» 2021年04月16日 09時00分 公開

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方ほぼ週刊インフォグラフィックス

世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

[津乗学,スタティスタ・ジャパン]

 今や恋人探しもオンラインが主戦場の様相です。婚活・恋活の成功には、アルゴリズムによる最適なマッチングこそ命。あらためて考えてみると、ITmedia マーケティング読者に関係の深いAdTech(外部リンク/英語)をはじめとするテクノロジーも、その本質的な提供価値はマッチングにあります。広告枠と広告出稿したい企業をマッチングしてコンバージョンを獲得するように。人間同士の恋の御膳立てにおいても、費用対効果の高い最適なマッチングテクノロジーが貢献して何ら不思議ではありません。

 実際、世界ではマッチングアプリ(デートアプリ)の力を借りてパートナーを探す人が急増しています。Statistaの「Digital Market Outlook」(外部リンク/英語)は、オンラインデートサービスのアクティブユーザー数は、2021年末までに全世界で3億7000万人に達すると予想しています。有料会員からの売り上げを中心に世界全体で約32億ドルの収益が見込まれており、3年後の2024年には市場規模が約42億ドルとなりそうです。その時点でのマッチングアプリの普及率は世界で5.7%程度の見通しです。

 それでは、日本を含む各国のオンライン恋愛事情と、ウィズコロナ以降の行方にも目を向けてみましょう。

各国のオンライン恋愛事情と非接触時代のトレンドは?

(出典:Statista)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.