調査リポート
» 2020年08月25日 09時00分 公開

今日のリサーチ:マーケターのSDGsへの取り組み 課題は「ROI」と「経営層の理解」――ジャストシステム調べ

SDGsを認知しているマーケターに、 マーケティング施策にSDGsを採り入れるべきと思うかを聞いたところ、 4分の3超が「採り入れるべき」と考えていることが分かりました。

[ITmedia マーケティング]

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して「マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査」を実施。その結果を マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で発表しました。

 今回調査対象となった「企画・マーケティング・販売促進」を担当する20歳から59歳の会社員348人のうち、 2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)について認知している人(「知っており、 他の人にも内容を説明できる」「知っているが、 他の人に説明できるほどではない」と答えた人の合計)は57.7%でした。 上場企業のマーケターに限ると67.3%、 非上場企業では52.6%でした。

 SDGsを認知しているマーケターに、 マーケティング施策にSDGsを採り入れるべきと思うかを聞いたところ、 「そう思う」と答えた人は32.3%、 「やや思う」人は43.8%で、 あわせて76.1%が採り入れるべきと考えていることが分かりました。一方、 「マーケティング施策にSDGsを採り入れている」と答えたマーケターは29.9%にとどまりました。 上場企業のマーケターに限ると41.6%、 非上場企業では18.7%でした。

SDGsをマーケティング施策に採り入れるときの課題は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.