調査リポート
» 2020年05月08日 12時00分 公開

今日のリサーチ:飲食店のテイクアウト 認知のきっかけはSNSが4割――Retty調査

緊急事態宣言後のテイクアウト事情に関する調査です。

[ITmedia マーケティング]

 グルメ情報の口コミ共有サービスを展開するRettyは、飲食店のテイクアウト(※)に対する消費者動向調査を実施しました。対象となったのは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う「緊急事態宣言」特定警戒都道府県に指定されている13都道府県に居住する「Retty」アプリユーザー計615人。同調査によると、緊急事態宣言発令後に飲食店でテイクアウトを利用した人は約56%で、半数以上がテイクアウトを利用していると回答しています。

「緊急事態宣言」発令後に飲食店でテイクアウトを利用しましたか?

※イタリアン・中華・定食屋などの店内飲食を前提とした飲食店(ファストフード含む)のテイクアウトのみを対象。

テイクアウトを利用する理由「飲食店を応援したい」が7割超

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.