調査リポート
» 2019年12月05日 08時00分 公開

今日のリサーチ:買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所

コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う理由」に関する調査です。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | 買い物


 一口に小売業といってもスーパーマーケットもあればコンビニエンスストアやドラッグストアもあります。お弁当はコンビニで買うけれどおやつはドラッグストアで、飲料のまとめ買いはネットでという具合に、何となく買う場所が決まっているものではないでしょうか。

 日本能率協会総合研究所は2019年6〜7月、15〜79歳の男女を対象に「買い物場所の使い分け調査2019」を実施しました。

 直近1年間における小売業の業態別利用実態を複数回答で聞いたところ、1位の「コンビニエンスストア」は9割以上が、続く「ドラッグストア」「100円ショップ」「食品中心のスーパー」は8割以上が、「大型スーパー」は約8割の人が「利用した」と回答しています。「大型ショッピングセンター・モール」「インターネット通信販売」は約6割の人が利用し、「生協の店舗」「生協の共同購入・個人宅配」「ネットスーパー」の利用率は1〜2割でした。

「インターネット通信販売」は利用率が10年で10ポイント弱増加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading