調査リポート
» 2019年06月03日 11時00分 公開

今日のリサーチ:リードジェネレーションで最も効果を感じる施策とは――ProFuture調査

リードジェネレーションを実施している企業の担当者163人を対象にしたアンケート調査です。

[ITmedia マーケティング]

 マーケティング支援を行うProFutureは、新たな見込み客を開拓するリードジェネレーションの現状や課題について、リードジェネレーションを実施している企業の担当者163人を対象にアンケート調査を実施しました。

 2019年4月に行った同調査では、活用しているメディア広告(主にダウンロードサイトのようなもの)の料金形態や、メディア広告の他に実施して具体的に効果を感じた施策、重視することなどについて聞いています。

 リードジェネレーションに活用しているメディア広告の料金形態について複数回答で質問したところ、「広告課金(期間保証)」(26%)という回答が最も多く、「従量課金(CV課金)」や「成果課金」を大きく上回りました。特に従業員規模300〜1000人未満の中堅企業では、3割以上が期間保証型広告を活用していることが分かりました。「予算実行が確実」「価格体系が分かりやすい」といった理由が多いようです。

重視するトップ3は「獲得件数」「CPA」「商談化率・案件化率」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading