ニュース
» 2019年03月15日 17時00分 公開

リアル店舗のデジタル化:EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客、NTTデータが実証実験開始

将来的な一坪デジタルストアの実現へ向けた実証実験を三井ショッピングパークららぽーと海老名で実施。

[ITmedia マーケティング]

 NTTデータは、デジタルデバイスやAI技術を活用して消費者に商品を提案・訴求・販売するデジタルストアの実証実験を2019年3月8日から開始した。

 同実証実験では、三井不動産が開発・運営を手掛ける三井ショッピングパークららぽーと海老名の一角に、販売員が常駐せずにインタラクティブサイネージで接客を行うポップアップストアを設営。そこで、ららぽーと公式通販サイト「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」の商品を販売する。

ポップアップストア概観《クリックで拡大》

 販売に当たっては、サイネージ前に取り付けたカメラ映像を通じてAIが消費者の性別および年齢層を推定し、その相手に応じた商品提案を行う。また、その提案によって消費者の購買行動に変化があるかを検証する。

 2019年3月20日からは、AIによってオペレーターの動きと連動させたアバターを活用し、販売員が遠隔地から店舗への呼び込みや店舗内の消費者に対して接客を行う遠隔接客の有用性についても検証を行う。実施期間は3月31日まで。

 同プロジェクトはNTTデータがこれまで提供してきた「BizXaaS オムニチャネル」や「CAFIS Arch」などECとペイメントを軸にした消費者との購買接点サービスのノウハウや知識を生かして、デジタル・AI技術によって店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の課題解決を目指すもの。実証実験の概要は以下の通りだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading