ニュース
» 2019年02月06日 20時00分 公開

実店舗で購入した顧客にポイントを付与できる:楽天、レシート画像を活用した成果報酬型O2O広告サービス「Rakuten Pasha」の提供を開始

メーカーが実店舗での購入に楽天スーパーポイントを直接付与できるサービス。

[ITmedia マーケティング]

 楽天は、成果報酬型広告サービス「Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)」を提供開始した。これは、自社の商品を実店舗経由で販売するメーカーなどの企業が、ユーザーに対してオンラインで商品と対象期間を記載した日替わりクーポンを配信し、それを取得したユーザーが店舗で該当商品を購入すると数日から1週間前後で楽天スーパーポイントが付与されるというサービスだ。

 ユーザーは実際に商品を購入したことを証明するために、商品情報が印字されたレシート画像を楽天に送付して審査を受ける。ポイントが付与されるには、小売店名、店舗名、購入日時、対象商品の商品名、商品数、金額が全てそろっていることが条件になる(各企業の指定により、クーポンが使用できる店舗が限定される場合もある)。

 審査は即時ではないものの、機械学習による画像認識を活用することで効率化を図る。また、同一レシートの複数回利用やレシートの偽造などには対策を行っており、万一不正が判明した場合はポイント付与の対象外となる仕様だ。

実際にクーポンが使われた分だけ課金される成果報酬型

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading