ニュース
» 2019年02月07日 05時00分 公開

B2Bや高額商材の広告と親和性:「日経電子版」のオーディエンスデータを活用した動画DSP、Verizon Mediaが提供開始

Verizon Media(旧Oath)は日本において、「日経電子版」のオーディエンスデータを活用した動画DSPの提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

広告 | Verizon | B2B | 日経新聞 | 動画広告


 デジタルメディアおよび広告プラットフォームを提供するVerizon Mediaは、日本経済新聞社の「日経電子版」会員データを活用した動画DSPサービスの提供を開始した。自社DSPサービス「Oath Ad Platforms」を通じて、日経電子版の顧客データベースである日経ID会員約800万人、日経電子版閲覧者約3700万人の匿名化されたデータを基に作成したセグメントを活用し、動画広告を配信する。日経電子版ユーザーに向けた動画DSPは日本初。

注:旧AOLと旧Yahoo!が統合されたOathが2019年1月に事業ブランド名を変更。日本法人の運営はOath Japan。

配信面は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading