ニュース
» 2019年01月04日 13時00分 公開

日本は世界で2番目の市場、成長率ではトップ:Twitter Japanが事業戦略を発表、2019年は「異次元の高収益を目指す」 (1/2)

Twitter Japanが2018年末に開催した事業戦略説明会より、広告ビジネスに関するポイントを紹介する。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 Twitter Japanは2018年12月26日、事業戦略説明会を開催。同社代表取締役で米Twitterの副社長も兼務する笹本 裕氏が、主に日本市場を中心としたビジネスの進捗(しんちょく)と今後の展望について語った。本稿では広告ビジネスにトピックを絞り、その要点を簡潔に紹介する。

Twitter Japan代表取締役の笹本 裕氏

ブランドセーフな環境を整える中での成長

 2018年10月時点におけるTwitterの月間アクティブユーザー(MAU)数は世界全体で3億2600万だった。日本市場だけで見ると4500万強。これは米国に次いで2番目の規模となる。人口比でいえばマスメディアに劣らないカバー率といえる。

 日本における2018年第3四半期の広告売上高は1億3000万ドルで、成長率は前年比44%。同時期の世界全体での広告売り上げは6億5000万ドルで成長率は29%なので、日本市場の貢献度の高さが際立つ。

日本における広告売り上げは前年比44%の成長

 デイリーアクティブユーザー(DAU)の成長率は対前年比で9%。ここはやや地味な数字にも見えるが、笹本氏は「健全性のある会話のためにスパムやフェイクアカウントを排除するための取り組みを続けてきた。その中で利用者が減ることも覚悟していたが、逆にあらゆるエンゲージメントが増えた」と、ブランドセーフな環境を整える中でも成長を続けていることの意義を強調した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading