調査リポート
» 2018年12月07日 09時00分 公開

今日のリサーチ:時代のニーズに合わない教育や企業研修システムが11兆5000億ドルの経済成長を阻む――アクセンチュア調査

スキルギャップが大きいと、新技術がもたらす恩恵を十分に享受できないかもしれません。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | 教育 | 学習 | アクセンチュア


 アクセンチュアはG20若手起業家連盟(G20 YEA)と共同で、「求められる教育の変革(It’s Learning. Just Not As We Know It)」と題した調査レポートを発表しました。

 これによるとG20のうち14カ国では、人工知能(AI)やアナリティクスなどの先端技術への投資により、今後10年間で合計11兆5000億ドルのGDP成長が見込まれます。

 しかし、これらの国々の企業や教育機関などが新しい学習アプローチを積極的に取り入れない限り、求められるスキルとのギャップを埋めることは難しく、経済成長の可能性を逸してしまう恐れがあることが判明しました。

危機にさらされている201〜2028年のGDP累積成長《クリックで拡大》

スキルギャップを埋める3つのアプローチとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading