調査リポート
» 2018年11月09日 08時00分 公開

今日のリサーチ:ステマに不快感を抱く消費者は過半数、一方で広告主の意識は?――WOMマーケティング協議会調査

広告主と一般消費者を対象に実施したインフルエンサーマーケティング実態調査の結果です。

[ITmedia マーケティング]

 WOMマーケティング協議会(以下、WOMJ)は、2017年12月に更新版を発表した「WOMJガイドライン」の浸透度および近年増加しているインフルエンサーマーケティングに関する実態調査を実施しました。

 対象は全国の一般消費者(10〜40代男女のソーシャルメディア利用者)およびウェブ広告研究会加盟の広告主37社。一般層向け調査は2018年9月に、広告主向け調査は2018年7月13日〜8月14日に実施しています。今回の結果から、インフルエンサーが企業の依頼を受けて商品やブランドの紹介をする際に依頼を受けた事実を隠蔽する行為、いわゆるステルスマーケティング(以下、ステマ)には消費者の過半数が不快感を抱くことが明らかになりました。一方、企業からの依頼を明らかにした場合は「とても良い」「ありがたい」などが高くなり、逆にポジティブなることも分かっています。

情報開示の姿勢は好意的に捉えられている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading