ニュース
» 2018年09月20日 22時00分 公開

テレビ×デジタル×店舗施策統合を支援:カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジタル広告、リアル店舗を統合したマーケティング投資の最適化提案サービスを開始する。

[ITmedia マーケティング]

 カタリナ マーケティング ジャパン(以下、カタリナ)とデジタルインテリジェンス(以下、DI.)は2018年9月19日、テレビ・デジタル・リアルの3つ領域での打ち手を統合して再構築するために提携したと発表した。第一弾として、広告主のテレビCMとデジタル広告を統合した広告効果最適化と、全国37チェーンで「レジ・クーポン」を直接配布できるカタリナのネットワークを活用したサービスを両社で共同提供する。

 実購入データによる広告効果検証はEC専業の事業者では既に行われているが、リアルな店舗での販売実績も重要視されるメーカー、特にCPG(消費財)企業などにおいては、現実的にハードルが高かった。しかし近年、テレビCMとデジタル広告の統合効果検証の重要性に注目が集まり、多くの広告主において何らかの施策や検証などが行われている。また、販売現場である流通チャネルで取得される購入データ(POSやID-POSなど)の活用も進んできており、それらを基にしたデータ分析や、販促クーポンなどによる営業支援も積極的に行われるようになってきた。

 ただし、広告活動と販促活動の連携は企業内の組織体制や専門性の違いにより、必ずしもうまく機能できていない。今回、両者が提携することで、テレビCMやデジタル広告を運用・分析するDI.のノウハウとカタリナのインストア(リアル店舗)クーポンサービスを連携させ、消費者が購入に至った経緯を分析して広告費の最適配分を実現すると同時にリアル店舗での販促効果を最大化させることを目指す。

 DI.とカタリナは本サービスの提供開始に当たり、共同で2018年秋にそれぞれの契約先企業を中心にトライアル検証を数社で行った上、2018年末より、その他メーカーへの提供を順次行う予定だ。2019年内にはリテールパートナーへの集客施策として個別展開も行い、エリア別の広告評価(最適エリアアロケーション)や、リテーナルパートナーと関係性を強化するために、メーカーの営業部隊との密な連携が実現する施策も随時提供していく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading