ニュース
» 2017年05月30日 23時00分 UPDATE

営業候補先を自動的にリストアップ:ユーザベース、「SPEEDA」のABM支援機能を正式製品版として提供

ユーザベースは法人向け企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」のユーザー向けに試験的に提供していた「自動ターゲティング」機能を正式に製品化すると発表した。

[織茂洋介,ITmedia マーケティング]

 法人向け企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」を提供するユーザベースは2017年5月29日、新サービス「FORCAS(フォーカス)」を提供開始したと発表した。

 これは同社がセールスフォース・ドットコムおよびSansanと連携して2016年9月1日からα版で提供してきたSPEEDAの「自動ターゲティング」機能を正式製品版としてリリースしたもの。SPEEDAが格納する国内企業データからターゲットアカウントを絞り込み、ユーザー企業のアカウントベースドマーケティング(ABM)を支援する。

 当面はSPEEDAのユーザー(現在約600社)に向けた有料オプションとして提供するが、2017年秋以降にFORCAS単独での提供も視野に入れているという。また、外部パートナーとして東京商工リサーチ、マルケト、セールスフォース・ドットコム、Sansanと連携。今後もマーケティングオートメーション(MA)ベンダーをはじめ関連サービス提供企業とのパートナーシップを順次拡大していく。

FORCASの特徴《クリックで拡大》

事業責任者が語る「FORCAS」誕生の背景

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading