ニュース
» 2017年01月11日 19時30分 UPDATE

2017年マーケティング最優先課題:「Z世代」攻略の鍵は音楽――カンター・ジャパンが動画広告の視聴態度調査を実施

カンター・ジャパンは広告視聴態度調査「AdReaction」の最新版レポートをリリース。今後注視されるであろうZ世代がマーケターにもたらす課題を紹介している。

[ITmedia マーケティング]

 カンター・ジャパンは、2001年から実施している広告視聴態度調査「AdReaction」の最新版レポートを発表。日本を含む世界39カ国、1万6000人以上の消費者調査(2016年実施)に基づき、主要メディアの消費パターンや広告に対する態度、特定のアプローチへの対応を分析した結果を公開した。

 本調査では対象を3つの世代に分類し、それぞれの広告受容性について分析し、意見調査も実施している。日本での調査対象者数は600人。分布は以下の表の通り。

X世代 35〜49歳 226人
Y世代 20〜34歳 220人
Z世代 16〜19歳(※) 154人
編注:※Z世代は全体では5〜19歳だが、ここでは現在年齢が16歳以上のみの人を調査対象にしている。

 Z世代は、生まれたときからデジタルに囲まれて成長してきた「デジタルネイティブ」であり、日本では67%がモバイルを「1日に1時間以上利用する」と答えている(Y世代は57%、X世代は29%)。ラップトップからモバイルへのシフトが他の世代と比べて顕著に見られ、屋外に出る機会が多いのもこの世代の特徴。また、日本では世代に限らずテレビの利用も多く、Z世代の71%が「1日に1時間以上テレビを見ている」と答えている。

各世代が1日1時間以上を費やすメディア

Z世代はデジタル広告に懐疑的

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading