連載
» 2016年04月05日 08時10分 UPDATE

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第5回:カスタマージャーニーを描くということ――デジタルにおいて常に中心は「人」だ (1/2)

デジタルシフトが急速に進む昨今において、さまざまなテクノロジーを活用したツールが登場している。しかし、「ユーザー」中心という本質の理解なしにコミュニケーションの設計はできない。

[後藤 洋,トライベック・ストラテジー株式会社]

 前回「オウンドメディアのUX、「部分」で捉える企業は失敗する」において、UX(User Experience)の価値を最大化するためには「インサイト(人の気持ち、心の動き)プロセス」を描き、ユーザーが必要とするコンテンツを最適なタイミングで届けることが必要だと述べた。

 ユーザーとのコミュニケーションプロセスは「カスタマージャーニー」またはシナリオという形で描かれる。具体的には以下のような形だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by