コラム
» 2016年03月24日 08時00分 UPDATE

“Facebookファースト”で考える(前編):広告プラットフォームとしてのFacebookに賭ける (1/2)

アジア全域でも数少ないFacebook公式パートナーとして、グローバルに使われるソーシャルメディア運用・解析ツールをシンガポールから展開する起業家が、Facebook中心の広告運用を語る。

[佐藤俊介,SOCIAL GEAR PTE LTD]
写真 ソーシャルギアCEO/創業者 佐藤俊介氏

 日本で「Facebook」が流行の兆しを見せ始めた2009年ごろ、その先進的なFacebook活用において一世を風靡(ふうび)したアパレルブランド「サティスファクション・ギャランティード」。その創業者が佐藤俊介氏だ。2011年にシンガポールに移住し、ソーシャルギアを起業。現在はソーシャルメディアの運用・解析ツール「social gear」を、日本を含むアジア、そして欧米で展開。導入実績は航空業界、金融業界、自動車業界など400を超える。

 同社は2014年より「Facebook Marketing Partners」としてFacebookから公式認定されている。「Community Management」の部門での認定企業は、アジア圏では数少ない。2015年6月からはFacebook広告運用システム「social gear Ads+(アズプラス)」もスタートした。

 Facebookと共に歩み、ビジネスを拡張し続けてきた異色の経営者は、デジタルマーケティングの領域におけるFacebookの存在意義をどう捉えているのか。佐藤氏自身の寄稿を前後編でお届けする。

広告主にもユーザーにも優れたプラットフォーム

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by