連載
» 2016年02月22日 08時00分 UPDATE

【連載】熊坂仁美の「Instagramをビジネスに活用するヒント」 第6回:ケンタッキーフライドチキンのInstagram活用、狙いは「家族」と「次世代」 (1/2)

ブランドメッセージをユーザーと同じ目線で伝えるソーシャルメディア本来の役割への期待は、決して失われたわけではありません。企業の心を伝えるコミュニケーション手段としてのInstagram活用例を紹介します。

[熊坂仁美,株式会社ソーシャルメディア研究所]

 看板商品であるオリジナルチキンを中心に据えた季節感あふれる写真が印象的なケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)のInstagramアカウント。同社では、Instagramをプロモーションツールというよりもブランドメッセージを伝える場として活用しているといいます。

 即自的なコンバージョンに傾倒しがちなデジタルマーケティングにおいて、より長期的なエンゲージメント醸成を重視するのはどういった狙いからでしょうか。KFC マーケティング部DIGITAL・CRM推進担当マネージャー 塩谷 旬氏とアシスタントマネージャー 二戸有紀氏に、Instagram開始のいきさつや運用の現状について話を聞きました。

Instagramは他のソーシャルメディアと明らかに違う

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧