ニュース
» 2015年05月01日 16時00分 UPDATE

広告やコンテンツ配信も:スマートフォンの充電も可能なデジタルサイネージ端末が登場

ファーストディグリーは2015年5月1日、スマートフォンの充電器とデジタルサイネージを組み合わせた端末「feeling(フィーリング)」を用いた広告やコンテンツ配信を行う事業を開始したことを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 「feeling」は、5インチの液晶画面と充電機能が付いた小型デジタルサイネージ端末。「feelingメディアサービス」はこれを端末に用いて動画広告やタイアップコンテンツを配信するもの。充電待ちの時間に広告を表示させることで顧客満足度を高めつつ広告主は特定の地域にある店舗に絞り込んだ効果的な広告配信を実現できるという。

mm_feeling.jpg 充電のできる広告メディア「feeling」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by