ニュース
» 2014年11月25日 08時00分 UPDATE

【連載】今こそ! ヒートマップ:第6回 ネイティブアドの“views”の効果計測にはヒートマップが欠かせない

2014年は日本におけるネイティブアド元年と言える年でした。そんな中、広告主、媒体側の両方にとって、ネイティブアドの効果測定をどう行うかが大きな課題になっています。今回は、ネイティブアドの効果計測にヒートマップをどのように活用すればよいのかを解説します。

[中田吉彦,Ptmind]

1. 広告主、媒体側の両方がネイティブアドに注目

 ネイティブアドとは、ユーザーが普段使っているオンライン・メディア(サービス)の中に自然に馴染むデザイン、機能で表示されるペイドメディアです。今なぜ、ネイティブアドなのか。オンライン・メディア(サービス)のユーザーは、長年にわたって、図1にあるように、「広告を読み飛ばす」「広告が視界内に入っているのに、脳内では存在しないかのごとく情報処理する」という態度を身に付けてきました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by