ニュース
» 2014年02月28日 13時43分 UPDATE

商品リスト広告、3倍の伸び:マリンソフトウェア、モバイルショッピングと商品リスト広告に関する調査結果を発表

統合型広告運用プラットフォームを提供するマリンソフトウェアは2月27日、「Googleショッピング:モバイルショッピングの増加とPLAの普及(2014 年版)」という最新調査レポートを発表した。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

関連キーワード

ネット広告 | 小売業 | スマートフォン


 最新調査レポートは、Google商品リスト広告(Product Listing Ads:PLA)に関するデータを15カ月間にわたって検証したもの。レポートの統計やトレンドまとめについては、『Marin Global Online Advertising Index』(マリンソフトウェア・オンライン広告グローバル目録)の広告市場データを用いている。

 この調査によると、2012年10月から有償となったPLAは、出稿額が順調に伸びて、2013年はPLAへの予算投入額が300%近く増加しているという。またオンラインショッピング時にクリックされた検索広告の5分の1はPLAが占めており、これを受けマリンソフトウェアではPLAに投資する小売業者の広告額は、2014年末までに検索広告予算総額の3分の1に達すると予想している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading