ニュース
» 2013年08月20日 08時00分 UPDATE

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:第3回 データドリブンマーケティングと「カイゼン」

データドリブンマーケティングは、「見える化」「分析」「仮説設定」「テスト」「改善」という一連の活動をPDCAで展開する手法である。これらの活動のうち、特に重要なのが日本人に馴染みの深い「改善=カイゼン」だ。

[井上慎也,アドビ システムズ]

日本人が得意な「カイゼン」をマーケティングに応用

 「第2回 デジタルシフトでマーケティングの何が変わったのか?」では、デジタルに移行することによるマーケティングの変化として、(1)伝える側の変化、(2)知る側の変化、(3)ターゲティング/最適化の3つを挙げました。マーケティングでできることが増え、分析/改善を通じて顧客に最適なものを伝えられるようになってきた、ということになるでしょう。

 「デジタルによってできるようになったこと」については、この「ITmedia マーケティング」を含め、専門家の方々がいろいろなところで語られていますので、ここではデータを知り、そのデータをもって具体的なアクションに至るための重要なポイントについて話をしていこうと思います。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by