ニュース
» 2013年04月02日 14時43分 UPDATE

ビッグデータ分析システム:IBMと日本情報通信がDACの広告配信サービス・システムを構築――IBMのビッグデータ基盤を採用し、広告配信効果の向上を支援

日本アイ・ビー・エム(IBM)と日本情報通信(NI+C)は4月1日、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下DAC)の広告配信システム「AudienceOne」の構築を支援し、さらに同システムが4月1日から稼働したことを発表した。システム構築はNI+Cが担当、IBMは基盤となるビッグデータ分析システムを提供したという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 AudienceOneは、ビッグデータ分析基盤を搭載し、ユーザーの行動データから属性や嗜好を判断/推定し、広告配信を支援するシステム。年齢や性別が不明でも、行動データを基に属性を推定できるのが特徴だ。広告主や広告会社、媒体社は、AudienceOneの推定結果を基に、広告したい商品と親和性が高いと思われるユーザーを直接指定し、広告を配信できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading