中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?今日のリサーチ

トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りになりました。

» 2024年07月11日 21時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

【注目】ITmedia デジタル戦略EXPO 2024夏 開催決定!

DX推進、リーダーに求められる「役割」とは?

【開催期間】2024年7月9日(火)〜7月28日(日)

【視聴】無料

【視聴方法】こちらより事前登録

DX推進の障壁となり得る「部門間の連携・共創不足」の解決に必要な「リーダーの役割」とは何か? 経営層とIT部門、そして事業部門のチームプレイを成功させる「リーダーの役割」を考える。『リーダーの仮面』『数値化の鬼』『とにかく仕組み化』3部作の著者・識学・安藤広大氏が解説。

 トライベックは2024年7月11日、全国の中小企業(資本金1000万円以上1億円未満)および中堅企業(資本金1億円以上10億円未満)1168社を対象に実施した「中小企業DX実態調査」(調査期間は2024年6月中旬〜6月後半)の結果を発表しました。

 デジタルマーケティング施策の取り組み状況を聞いたところ、「現在、取り組んでいる」と回答した人が最も多いのは「Webサイト運営」でした。それでも実施率は5割前後にとどまっており、全体として取り組みが進んでいない現状が明らかになりました。

デジタルマーケティング施策の取り組み状況(出典:トライベック「中小企業DX実態調査」、以下同)

Webサイトに期待する効果の達成状況は?

 Webサイトに期待する効果としては「製品・サービスの理解促進」や「問い合わせ・資料請求の獲得」などが多くなっています。しかし、実際には期待する効果が十分に達成されていない企業が多数を占めました。SEO対策やSNSマーケティングなどのデジタル施策に対する投資不足が、成果を阻む一因となっていることがうかがえます。

Webサイトに期待する効果の達成状況

 デジタル領域において直面している課題を聞くと、中小企業も中堅企業も、共に最多は「Webサイトのセキュリティ対策に不安がある」でした。その他、中小企業では「予算や人手」などの不足を課題と感じている人が多く、中堅企業では「インターネット上の悪い口コミ・評判」や「デジタルマーケティングの具体的成果指標が定まっていないこと」などの課題も上位に挙がりました。

デジタル領域において直面している課題

 デジタルマーケティング運用上の問題の根底にあるのは人材の課題。まずはこれをどう解決するかが大きなテーマと言えそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連メディア

インフォメーション