「呪術廻戦」×マクドナルド 人気アニメとのコラボがファーストパーティーデータ強化の鍵にMarketing Dive

McDonald’sはアニメ「呪術廻戦」およびストリーミングサービス「Crunchyroll」との提携を通じて、再びアニメを中心としたマーケティングに注力している。

» 2024年07月04日 11時00分 公開
[Jessica DeyoMarketing Dive]
Marketing Dive

【注目】ITmedia デジタル戦略EXPO 2024夏 開催決定!

AIに「代わられない」営業組織

【開催期間】2024年7月9日(火)〜7月28日(日)

【視聴】無料

【視聴方法】こちらより事前登録

【概要】AIは急速に進化し、2040年には多くの営業業務を代替しうる。では企業は何に投資し、何に取り組むべきか? AI が営業組織に及ぼす影響、具体的な対処法などを紹介する。

 McDonald’sが米国でアニメシリーズ「呪術廻戦」と提携し、「特級(Special Grade)ガーリックソース」を新発売する。このソースは日本マクドナルドの「コク旨黒にんにくソース」にインスパイアされたものであり、McDonald’sのアプリ限定で2024年7月9日から提供開始される。アニメシリーズの人気キャラクターをあしらったパッケージデザインは8種類あって、コレクションしたくなるものだ。

 ソースを購入すると、アニメストリーミングサービス「Crunchyroll」の30日間無料トライアルが利用できる特典もあり、消費者は「呪術廻戦」の全エピソードを視聴できる。この取り組みは、ポップカルチャーのトレンドに触発されたMcDonald’sの長期的なマーケティング戦略の一環となるものだ。

McDonald’sは人気アニメシリーズ「呪術廻戦」と提携し、新しい「特級ガーリックソース」をアプリ内限定で発売する(画像はMcDonald’sのプレスリリースより)

アニメ中心のマーケティングに注力するMcDonald’s

 McDonald’sは、芥見下々(あくたみげげ)氏のベストセラーマンガ「呪術廻戦」を原作とする人気アニメシリーズとの提携を通じ、再びアニメを中心としたマーケティングに注力している。この動きは、McDonald’sがポップカルチャーに注目してマーケティングを続けていることを示すもので、主要な消費者とのつながりをより強固なものにするのに役立つだろう。

 McDonald’sのアプリを通じて独占的に提供される特級ガーリックソースは、同チェーンが強力なロイヤルティーを確立し、貴重なファーストパーティデータを収集するのに役立つだろう。ソースはチキンマックナゲットを注文すれば無料で入手できるが、アプリから注文すれば別のメニューと組み合わせることもできる。ソースを購入するとCrunchyrollの30日間の無料トライアルも提供され、さらなる話題を呼び込む可能性がある。

 この新しいガーリックソースは、人気キャラクターである虎杖悠仁(いたどりゆうじ)、伏黒恵(ふしぐろめぐみ)、釘崎野薔薇(くぎさきのばら)、五条悟(ごじょうさとる)、七海建人(ななみけんと)、夏油傑(げとうすぐる)、真人(まひと)、宿儺(すくな)を取り入れた8つのユニークなふたのデザインが特徴だ。ソースは、ガーリックとしょう油の風味に微かな甘酸っぱさを加えている。

 McDonald’sの最新のアニメ関連の取り組みは、2024年2月に行われた類似のキャンペーンに続くもので、その際には、さまざまなアニメで「WcDonald’s」が描かれることに敬意を表し、新しいソース、パッケージング、エピソードコンテンツなどを含むキャンペーンを展開した。また、ブランドマスコットのグリマスの誕生日を祝うキャンペーンや、ストリートウェアのインフルエンサーであるカーウィン・フロストとタイアップしてハッピーミールの箱をカスタマイズするなど、ポップカルチャーやノスタルジアを取り入れた取り組みを行ってきた。

 McDonald’sのCEOであるクリス・ケンプチンスキー氏は、13四半期連続で既存店売上高がプラス成長を続けている同チェーンの成功の要因の一つとして、カルチャーに関連したマーケティングを挙げている。それにもかかわらず、McDonald’sの世界既存店売上高は2024年第1四半期比わずか1.9%増の61億7000万ドルにとどまっている。中東でのボイコットや「より選り好みする」顧客の撤退に直面したためだ。同チェーンは最近、2025年の初めからデジタル投資を加速し、競争優位性を拡大するためのデジタルマーケティングファンドを設立することを発表した。

© Industry Dive. All rights reserved.

関連メディア

インフォメーション