ADKホールディングスの2024年入社式で「AI-CEO」が新入社員を歓迎パーソナライズされた歓迎メッセージを送る

ADKホールディングスは2024年度入社式において社長のAIアバター「AI-CEO」が新入社員を歓迎する生成AI体験を実施した。

» 2024年04月08日 11時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 ADKグループは2024年4月1日に2024年度入社式を実施。ADKホールディングス代表取締役社長グループCEOである大山俊哉氏のAIアバター「AI-CEO」が、新入社員125人に対して個別の歓迎メッセージをリアルタイム生成した。

AI-CEOとは?

AI-CEOが新入社員を出迎えた(画像提供:ADKホールディングス、以下同)

 ADKグループではAIの自社内活用や対外的な価値提供などのAI戦略を検討・実行する社内横断組織として「AI CoE(Center of Excellence)」を設置。今回の取り組みもAI CoEが主導するAI関連プロジェクトの一つで、AIクローン技術を手掛けるオルツが開発・提供する人格形成プラットフォーム「CLONEdev」を活用して開発した。

 入社式会場にはADKグループの企業情報や大山氏と新入社員のプロフィール情報などを事前学習したAI-CEOを設置。新入社員が画面越しに自分の名前を伝えると、それぞれにパーソナライズドされたた歓迎メッセージがリアルタイム生成された。大山氏の声や姿を模したAIアバターによってメッセージが届けられるというAI体験を通じて、歓迎と期待の気持ちを伝えられた。

入社式会場に設置されたAI-CEOのパネルは、画像生成AIによりアウトプットされた画像を基にAI CoEのクリエイティブメンバーがデザインした

 ADKグループは従来の広告会社の枠を超えたマーケティングパートナーとして、クライアント企業の顧客へ価値ある体験を提供することを目指しており、今回の施策は、未来のADKグループを担う新入社員に対して、最新のテクノロジー体験を通じて、顧客体験の重要性や楽しさを体感してもらうことを目指して企画された。

もちろん、入社式には大山氏自身も登壇。グループのビジョンや広告マーケティング業界の未来、生成AIの最新トレンドなどを交えながら祝辞を述べた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.