デロイト トーマツのグループ3社が合併、デジタルマーケティング領域の支援強化3社の専門性とノウハウを統合

エスピーアイと、SPIインタラクティブ、シンプルビジネスソリューションズの3社は、エスピーアイを存続会社として合併した。

» 2024年02月16日 11時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 デロイト トーマツ グループのエスピーアイと、エスピーアイの関係会社であるSPIインタラクティブ、シンプルビジネスソリューションズの3社は、エスピーアイを存続会社として合併した。2024年2月1日より社名を「デロイト トーマツ エスピーアイ株式会社」と変更。新会社として、広告投資に関するアドバイザリーサービスに加え、グローバル展開する日本企業や組織へのデジタルマーケティング領域の支援を強化する。

3社の専門性とノウハウを統合

 合併により、エスピーアイが蓄積したマスメディアにおける広告購買監査、SPIインタラクティブによるデジタルメディアの広告効果測定、シンプルビジネスソリューションズの社内販管費の分析のノウハウを統合する。マスメディアとデジタルメディアが持つそれぞれの付加価値を把握した上で、広告投資の最適化、コミュニケーション戦略の策定、コミュニケーションプランの検証や評価といったデジタルマーケティング領域でのサービスを提供していく。

 また、デロイト トーマツ グループが持つさまざまな領域での専門性を生かし、連携したサービスの提供も視野に入れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション