マーケティングのニューノーマルはどこへ向かう? 「Marketing Dive」の8つの予言Marketing Dive

リテールメディア、コネクテッドTV、ソーシャルコマースなど、新たな潮流の中で勝者と敗者がどのように分かれるのか。

» 2024年01月13日 12時00分 公開
Marketing Dive

 2024年、マーケティングの振り子は平常に戻るのだろうか。広告支出に関してはその傾向にあるが、これまで以上にデジタル偏重が進んでいる。インフレの緩和を背景に回復はさらに進むと思われ、CMOは沈黙期間を終えて財布のひもを緩めるだろう。

Cookieの死とAIの台頭の中で、マーケティングの振り子は実験に向かって揺れている

2024年に向けた8つの予言

 スーパーボウル、夏季オリンピック、サッカーやF1などのグローバルなスポーツに対する米国の消費者の欲求は高まっており、マーケターはエンゲージメントの機会に事欠かないだろう。生成AI、リテールメディアネットワーク、Cookieに代わる識別子を使った実験が頻繁に行われ、その過程でつまずきや教訓を得ることになるはずだ。ストリーミングは広告モデルを取り込むことで、テレビの急落を補い、CTV(コネクテッドTV)のマーケティングに新たなイノベーションをもたらす可能性がある。ただし、プラットフォームの再編は避けられないだろうが。

 2023年は多くのブランドが、パーパスへの反発に端を発した論争に巻き込まれた。しかし、厳しかった2023年は過ぎ、年が明けた。2024年は米大統領選挙があり、政治広告支出が活発化するだろうが、そうした中でマーケターは、不買運動で売り上げを落としたBud Lightの二の轍を踏まないように安全策を講じるかもしれない。

 調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント兼主席アナリストであるジェイ・パティサル氏は「ブランドは格好の標的にされている。PR業界の中では危機管理に関するサービスが本格化するだろう」と語る。

 背景には、未解決の大きな疑問が漂う。テクノロジー関連の独占禁止法の取り締まりが強化されるのか。AIを巡る倫理的および法的な戦いAIの成長軌道にどのような影響を与えるのか。サードパーティーCookie廃止がついに動き始めた今、そのための準備はできているのか――。

 Maketing Diveは2024年のトレンドとして以下の8つを予言している。

  1. 特定層にウケてこそ大ヒットにつながる
  2. 代理店のアイデンティティーの流動化が進む
  3. リテールメディアのゴールドラッシュは終わる
  4. ソーシャルコマースがついに本格化する
  5. 破壊的ブランドがより大きな脅威をもたらす
  6. 広告サポート型ストリーミングに真打ちが登場する
  7. 透明性へのアプローチが変わる
  8. AIに対する目はますます厳しくなる

(続く)

© Industry Dive. All rights reserved.

インフォメーション