調査リポート
» 2024年01月12日 10時30分 公開

MA市場は2023年度も拡大 成長の背景には生成AI――ITR調査今日のリサーチ

ITRがMA市場規模の推移と予測を発表しました。成長の背景には生成AIの普及があるようです。

[村田知己ITmedia]

 アイ・ティ・アール(以下、ITR)は2024年1月11日、国内のMA(Marketing Automation:統合型マーケティング支援)市場の市場規模推移と予測を発表しました。2022年度のMA市場の売上は269億円で、前年度比14.7%増となりました。2023年度も14.9%増と、引き続き好調な伸びを見込んでいます。

B2Cを中心に拡大するMA市場 成長の要因とは

 B2Bマーケティング活動を支援する市場と、B2Cマーケティング活動を支援する市場に分けると、2022年度はB2B向けが前年度比13.6%増、B2C向けが同15.7%増となりました。2023年度もB2C向け市場の伸びがB2B向け市場を上回ると予測されています。

MA市場規模の推移と予測(出典:ITRのプレスリリース)

 このようなMA市場の成長の要因について、ITRの三浦竜樹氏(プリンシパル・アナリスト)は以下のように述べました。

 「マーケティングや営業活動における人的リソース不足とコロナ禍による同活動のオンラインシフトが、MA市場の2大成長要因といえます。B2Bでは確度の高い見込客を発掘し、見込客の属性やステータスに基づいた最適なマーケティングや営業アプローチを行うこと、B2Cではさまざまなオンライン広告を起点にWeb/ECサイトなどに見込客を集客することの重要性が増し、それぞれ導入が進みました。人的リソース不足がMA活用の障壁となっていましたが、生成AI(人工知能)の適用によってパーソナライズド・コンテンツの準備を効率化できるため、特に顧客セグメントが多様なB2C企業での導入・利用が活性化すると予測します」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション