ニュース
» 2023年12月22日 14時00分 公開

大日本印刷、生成AIの回答精度を向上させる独自のデータ整形技術を開発マーケ×ITニュースダイジェスト

生成AIに整形したデータを活用することで誤回答を約90%削減。

[ITmedia マーケティング]

 大日本印刷(以下、DNP)は2023年12月14日、PDFファイルやドキュメントファイルといった多様な文書を生成AIの学習に適したデータ形式に整形する技術を開発した。

誤回答を約90%削減

データ整形技術のイメージ(出典:大日本印刷)

 DNPは、企業、団体などの申込受付やコンタクトセンターなどの幅広い業務を代行するBPO事業や印刷プロセスで培った各種情報加工、文字、画像処理技術、ノウハウを保有している。この技術はこれらの強みを生かして開発した。この技術によって整形したデータを生成AIが学習することで、生成AIの誤回答や、生成AIから回答が得られないといった案件数を減らし、回答精度を高める。例えば、膨大なマニュアルやドキュメントを参照して進める審査やコンタクトセンターの問い合わせ対応業務において、稿精度な回答へとつながり業務効率化が期待できる。

 DNPは2023年5月に生成AIを活用できる社内環境を構築している。この技術を利用して、社内規定、品質マニュアル、決算短信などのドキュメントのデータを整形し、生成AIに学習、参照させて実証実験を実施した。その結果、整形したデータを用いた生成AIは、従来の生成AIと比較して誤回答を約90%削減できたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション