「RED(小紅書)」活用が失われたインバウンド消費を取り戻す鍵にコロナ後の中国マーケティング

入国制限の緩和により、訪日中国人のインバウンド需要回復が期待されている。今日の中国向けマーケティングに欠かせない重要なチャネルである「RED(小紅書)」の活用方法についてエキスパートが解説。

» 2022年12月14日 07時00分 公開
[番匠達也アライドアーキテクツ]

 日本政府は2022年3月にコロナ禍の影響で制限していた留学生の受け入れを再開。10月には入国者数の上限を撤廃し、個人旅行客の入国も解禁した。こうした流れを受け、2020年に突如“蒸発”してしまった訪日インバウンド需要が、再び盛り上がることが期待されている。

 需要の中心となるのは、やはり中国人だ。中国人向けマーケティングで成功するには、中国独自のSNSの活用が欠かせない。しかし、中国SNSのトレンドはコロナ禍以前の2019年から刻々と変化している。当然、企業にもそれに合わせたアップデートが求められている。

中国の若い女性に人気の「RED(小紅書)」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.