連載
» 2022年11月02日 11時00分 公開

DisneyとNetflixがモテ期 不況下で削られまくる広告予算を総取りするか?Marketing Dive

Magna Globalによれば、米国広告業界の成長見通しが不透明な状況下にあって、AVOD(広告型動画配信)の広告売り上げの好調ぶりが際立っているという。市場をけん引するのはDisneyとNetflixだ。

[Peter AdamsMarketing Dive]

 Interpublic Group(IPG)傘下の戦略グローバルメディア会社であるMagna Globalは、2023年の米国広告業界の成長率見通しを5.8%から4.8%に引き下げた。これは不透明な経済情勢と経済効果のある大型イベントの少なさを反映している。

 チャネル別ではAVOD(広告型動画配信)の広告売り上げが2023年に33%増加し、63億ドルに達するとMagnaは予想している。Disney+やNetflixの新サービスにブランドが殺到しそうなためだ。この他、リテールメディアを含む検索広告とOOH(屋外広告)は、ソーシャルが逆風にさらされる中でも好調を維持するということだ。

AVOD市場は弱肉強食? それとも共存共栄? 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション