「Kairos3」がブランド刷新 変わったことまとめ中小企業のマーケティング・営業DXを推進

MAとSFAの機能を独立させることで、製品の違いを明確化。さらに新製品「Kairos3 Timing」をラインアップに追加した。

» 2022年09月29日 11時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 カイロスマーケティングはマーケティング・営業支援ツール「Kairos3」のブランドリニューアルを実施。マーケティングオートメーション(MA)機能を「Kairos3 Marketing」、営業支援(SFA)機能を「Kairos3 Sales」と、それぞれ独立した製品と位置付ける。また、β版の提供を開始した新製品「Kairos3 Timing」をラインアップに追加した。

 カイロスマーケティングは、「マーケティングを、もっと身近に。」をミッションに掲げ、中小企業を中心に営業・マーケティング活動を支えてきた。Kairos3は2012年10月の提供開始から現在まで1800件以上のアカウントを発行し、多くの企業の営業・マーケティング活動を支援する製品となっている。2022年5月にはSFA機能を単独提供開始していたが、プロダクトを独立させることで、それぞれの機能の違いを明確にすることを狙う。

営業の日程調整ツール「Kairos3 Timing」β版をリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.