連載
» 2022年09月28日 06時00分 公開

プライバシー保護とユーザー理解 ジレンマを乗り越えてこれからのアプリマーケターが目指すべきことATTとこれからのモバイル広告

マーケターにとって、プライバシー保護とユーザー理解の両立は欠かせません。3回にわたる連載の最後に、このジレンマにどう対処していくべきか考えてみましょう。

[田口真言AppsFlyer Japan]

 より効果的なマーケティングを実現するためには、広告主もパブリッシャーも、顧客のことを深く知る必要があります。しかし、プライバシー保護規制の強化によって顧客データの収集は年々難しくなっています。マーケターはこのジレンマを乗り越え、プライバシーを適正に保護しながら顧客を知るために何ができるでしょうか。連載の最終回となる今回は、このジレンマの解消につながる一つの手法である「データクリーンルーム(Data Clean Room:DCR)」について解説します。

データクリーンルームの薦め

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション