連載
» 2022年09月08日 08時00分 公開

成長鈍化のYouTube、巻き返しのために奪いたい「テレビ」と「TikTok」の市場Marketing Dive

Googleの親会社であるAlphabetの第2四半期の収益は前年同期比13%増の696億9000万ドルであったことが決算短信で発表された。この四半期決算は、同社の成長が2年以上にわたって最も遅いペースになっていることを表す。

[Peter AdamsMarketing Dive]
Marketing Dive

 YouTubeの収益は前年同期比4.8%増の73億4000万ドルで、ウォール街のアナリストが予想していた成長率(7%程度)を下回った。 Google検索と他の関連事業の広告収入は前年同期比13.5%増の406億9000万ドル、Google広告全体の収入は562億9000万ドルとなった。経済状況が厳しくなるにつれ、同社は雇用のペースを落とす一方で、コマースやコネクテッドTVなどの分野を推進する。

不安要素は山積しているが……

© Industry Dive. All rights reserved.

インフォメーション