調査リポート
» 2022年08月18日 13時00分 公開

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査今日のリサーチ

金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代以上は特に安全性を懸念しているようです。

[ITmedia マーケティング]

 アドビは銀行および証券口座を保有する国内の20〜60代の男女1000人を対象に金融デジタルサービスの利用実態を調査しました。それによると、コロナ禍を機に金融デジタルサービスの利用頻度が、銀行で46%、証券で54%と大幅に拡大したことが分かりました。金融デジタルサービスの利用はパンデミックで外出が制限された2020〜2021年にかけて大幅に増加していることから、窓口での対面サービスを避けたいという心理が利用を大きく後押ししたと言えそうです。

デジタルサービスの利用頻度が高くなった時期(出典:アドビ)

若い世代は「スマホ完結」を重視

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インフォメーション